表あいさつ

株式会社いこいは、がん緩和ケアや自宅での看取りを目的とし、2009年4月1日に24時間365日対応の訪問看護ステーション立ち上げました。在宅看取りに特化し、重度心身障害児、神経難病、医療ニーズの高い利用者、精神科訪問看護の在宅看護を提供しております。
多くの病院の地域医療連携室と繋がり、現在もご依頼を受けながら協力して下さる在宅医師と連携を取りながら在宅療養を支えております。

その後、精神保健福祉士、社会福祉士の両方の資格者と出会い、「2障害に医療を」というテーマで2020年4月1日より地域密着型共生型デイサービス、同年7月1日より障害者の相談支援を積極的にするために、いこい相談支援事業所を開所しました。
また、2021年5月には「優美ヨガクラス」をスタートしました。同年10月には古民家へ場所を移し、「優美ヨガ エステサロン」をオープンしました。看護師資格を持つエステティシャンにより、リンパ浮腫などの女性疾患をお持ちの皆さまでも安心して施術を受けることができます。

医療だけ、介護だけ、障害福祉だけという縦割りの保険事業では、さまざまな事情を抱えたご家族に包括的な関わりができません。有疾患だけでなく未病の時から地域の方々と関わることにより、地域の皆さまが安心して暮らいていけるよう事業展開していきます。

たくさんのご利用者様とのご縁。
たくさんの従業員との出会い。
たくさんの医療、障害福祉、介護機関との繋がり。
地域住民の皆さま。
同業で働くケア陣。
たくさんの役割を持ち働く女性達との出会い。

できるだけ安心して縁あるこのエリアで過ごせるように…。

関係者に真摯に向き合い、「どうしたらできるのか?」を常に考え、守秘義務と生命倫理を守りながら複合事業を展開していく所存です。ご利用者様とご家族からの温かいご支援と叱咤激励を受けながら、株式会社いこいはこの地域に根を下ろし発展してまいります。

代表取締役 夏目 和美

いこい訪問看護ステーション茂原

看護師が訪問し、看取り、緩和、精神、循環器疾患等の医療ケアを行います。地域医療連携室を併設。

地域密着型デイサービスなごみ

看護職員が多数常駐し、医療必要度の高いご利用者様も安心してご利用いただける体制を敷いています。

いこい相談支援事業所

障害のある方やそのご家族からの様々な不安や悩みなどの相談・計画に、相談支援員が対応します。
Scroll to Top